毎日昼頃まで寝る、美味しいご飯を作って食べる、夜遅くまでテレビを観る、ゲームをする、音楽を聞く。そんな好きなことをまったりできる生活を、あなたも手に入れない?

マイペーシストあっぴの趣味ブログアフィリエイト備忘録

思ったこと・日常

やりたいことを仕事にする=残業時間が多い会社に就職…それはいや!~あっぴの過去 第2話~

投稿日:2017年7月11日 更新日:

前回から始まった、あっぴがアフィリエイトを始めるまでの物語。

第1話は、働きたくないと思いながらも就活をやりだすまでの話。
⇒前回の記事はこちら。

 
第2話の今回は、就活中の話。

やりたいことは何かを考えるんだけど、やりたいことを仕事にするってことは残業時間が多い会社に入るってことだった。

就活のときにやりたかった仕事はブラックな企業・業種ばかり

やりたい・・・というか、気になる仕事・やりたいかもって感じる仕事はあった。

  • 学習塾の講師
  • 文房具メーカー
  • 試作品の製作会社

まったくやりたいことがわからない人もいるんだから、一応やりたいことがあっただけ幸せなのかもしれない。

だけど説明会に参加したりネットで情報を調べてると、すぐに企業や業種のブラックな面が見えてきた。

 

学習塾の講師

学習塾の講師は、中学時代に大好きだった塾の先生に憧れて。

「みんなが成績上がるためなら」って自分の時間を削ってでも頑張ってる姿がかっこよかった。

それにあっぴ自身も友達に勉強を教えるとき、友達が教えてることをわかってくれた瞬間が好きだったから。それまでモヤモヤした表情だったのに、急に「そっかー!」って笑顔になるのが好きだった。

 
だけどネットで調べてみると、塾業界では「生徒のためならサービス残業は当たり前」って考え方が正義。

だから休日出勤や時間外勤務も当たり前だし、給料が出なくても文句を言える雰囲気でもないらしい。

 
しかも憧れの先生はもう別の仕事に就いてて、「やっぱり塾の先生は大変なのかな」って思った。

先生の顔を思い返すと、いつ見ても目の下にクマがあったし。(中学生のときは先生がクマ出やすいだけかと思ってたけど、未だにあんなにクマが濃い人見たことない)

 
ちょうど部活の先輩が塾で事務を仕事してたから話を聞いてみると、塾業界は闇だって言ってた。その先輩も、先輩社員から仕事を押し付けられて終電で帰る毎日だって。

しばらくして、その先輩はうつ病で実家に帰っていった・・・。

 

文房具メーカー

文房具メーカーは、文房具が好きなのと便利な文房具を作りたかったから。

中学生のときに「こんなコンパスあったら便利じゃない?」って思ってそこら中探したんだけど、意外と売ってなかったのがきっかけ。

 
だけど某文房具メーカーの説明会に行ってみたら、募集人数は5人なのに会場には100人は余裕で超えるライバルたち。

こんな中で自分が選考通る気がしなかった。

 
しかも説明で質疑応答をしてくれた社員さんが、残業で会社に寝泊りしてるのを誇りかのように語ってた。

近くにいた先輩社員さんも、その質疑応答してる社員さんを笑顔で「〇〇さんは特に寝泊りが多いです!」って肩を持ってて・・・

残業するって偉いことなの?って不思議だった。

 

試作品の製作会社

試作品を作る会社は、合同説明会でたまたま目にした。何か便利なものを作ることに関われるかもって興味を持ったんだ。

 
だけど「残業ってどのくらいあるんですか?」って聞いたら「残業するのは嫌い?」ってすごい嫌そうな顔をされた。

「えっ、質問することですらNGなの!?」ってびっくりしたのを覚えてる。

ちなみに質問の回答は、はぐらかされたw

 
たぶんあっぴは、どうでもいいことよりはやりたいことの方が頑張れるタイプ。だけど残業や休日出勤だらけなのは嫌だった。

だって仕事をしてるだけで毎日が終わるんだよ?

いくらやりたいことでも、毎日毎日長時間はしんどい。ボーっとする時間とか遊ぶ時間もほしくない?

バリバリ働いてる人からすれば「そんなの甘えだ!」って言う人もいるだろうけどね。でも自分の時間もほしいのが正直な気持ち。

 

やりたいことを妥協して残業時間が少ないホワイトIT会社へ

そしてその後にあっぴは、やりたいことを妥協して就活を続けることに。

「便利なものを作りたい」の範囲を『文房具などの物』から『パソコンなどで使うツール』にまで広げて、IT業界に就職することになる。

 
なんでよりにもよって、ブラックって言われるIT業界かって?

 
まずね、IT業界はタイミング的にまだ募集してたから。

前回も話したように、あっぴは就活を始めるのが遅かったからね。もう募集を終了してるところが結構あった。

 
それとIT業界にしてはホワイトな会社があったから。

たしか月平均の残業時間が20時間、つまり1日あたりは1時間。そのくらいの少ない残業ならしてもいいと思った。

 
あと大学の授業でプログラミングをちょっとやってたんだけど、周りの子たちよりもセンスあると思ったからw

だからプログラミングはほぼ未経験だけど、どうにかなると思った。IT業界は未経験の人も多いし。

 
で、そのホワイトそうなIT会社に応募してみたら、初めて最終面接まで通ったんだ。

だからその会社に就職でまぁいっかーって思った。

ぶっちゃけ就活を続けるのもめんどく感じてたし・・・。

 
あっぴはそうやって大学生のとき、残業は少ないけどやりたいこととは少しズレてる会社を選んだ。

だけどあなたなら、どっちを選ぶ?もしくは、どっちを選んだかな?

  • やりたいことができるかもしれないけど、残業が当たり前な会社
  • 残業は少ないけど、やりたいこととは少しズレてる会社

よかったらあなたの意見も聞かせてねー。
⇒あっぴにメールはこちら。

 
今回、何とか就活を乗り越えたあっぴ。

だけどこの会社選びも、すぐに退職する理由の1つとなるのであった・・・。

続きの話はこちらで↓




「毎日昼頃まで寝ていたい」「美味しいご飯を作って、のんびりと味わって食べたい」
「夜遅くまでテレビを観たり、ゲームをしたり、音楽を聞きまくりたい」

「でも会社で働きながらだと、時間が足りなくてできない・・・。」

「てかそもそも、働きたくないのが本音。大学生の頃に戻りたい・・・。」

そんなあなたが楽しく生活できるように、好きなことをブログに書いてお金を稼ぐためのプレゼントをお届けするよ。

会社員をしないで稼ぐのに使ってるもの



夢の雑貨部屋はあっぴがブログ初心者の頃から使ってる、ブログサポート&情報商材(教材)。

・コンサル代に何万も払えないけど、稼いでる人にサポートしてもらいたい!
・ブログをじっくり育てて、長期的に稼げるようになりたい!
・ブログアフィリエイトをやってる仲間を作りたい!

1つでも当てはまったら、あなたも夢の雑貨部屋をのぞいてみてね。

⇒【あっぴのメールサポート付き】夢の雑貨部屋の詳細レビューはこちら。

⇒コンサルやサポートを受ける5つのメリットはこちら。



キーワードスカウターは、キーワード選びに必要な作業を自動でやってくれるツール。

キーワード選びはやり方がわかっても、作業量が多くて時間かかるし疲れるんだよねぇ。記事を書くたびに毎回やるのは、ぶっちゃけしんどい・・・。

キーワードスカウターを使えばキーワード選びにかかる時間を短縮できるから、他の作業にも時間を使える。やることも減るから、疲れにくくもなるよ。

⇒キーワードスカウターの詳細レビューはこちら。



AFFINGER4は、このブログで使用中のワードプレステンプレート。

「みんなと同じようなデザインのブログは嫌だ。だけどCSSやPHPなんていじれないよ・・・」

ってあなたはチェックしてみてね。

⇒AFFINGER4の詳細レビューはこちら。

-思ったこと・日常

Copyright© マイペーシストあっぴの趣味ブログアフィリエイト備忘録 , 2018 All Rights Reserved.