ツイッターのフォロワー増やすのに「フォローはご自由に」の効果は?

Twitterを始めるときに、こんなことに悩んだ。

  • ツイッターのプロフィールに何を書くか
  • ブログのツイッター埋め込みの前に何を書くか

とりあえず自分なりに考えて保存してみたんだけど、フォロワーが増えない・・・。

一体みんな何を書いてるんだろう?って調べてたら、「フォローはご自由にどうぞ。」って書いてる人がいたんだ。さっそくあっぴも真似してみたよ。

文字数にすると、たったの13文字。

だけどこれがあるのとないのとでは、ブログの読者さんの反応が違った。

Twitterプロフィールとブログ埋め込み前に一言書いただけで、1日で3人にフォローされた

こんな感じで、ツイッターのプロフィールとブログのツイッター埋め込みの前に書いておいたよ。

「フォローはご自由に」って書いてから1日後。3人の読者さんがフォローしてくれてた。

フォロワーさんを増やす方法は、もちろん他にもある。

だけどこのときのあっぴは、まだ他のことには手をつけてない状態。なのでこの結果は純粋に、「フォローはご自由に」って書いただけの効果になってる。

めちゃくちゃ効果があるってわけではない。だけどそれまでの反応のなさと比較すれば、たしかに効果はあるみたい。

リアルの知り合い以外のアカウントフォローに抵抗ある人の心理

ツイッターは本来、知らない人のアカウントでもフォローしていい文化。そうやってネット上の知り合いを増やして仲良くなって、実際に会ってみるって人もいるみたいだね。

でも中には、知らない人にはフォローしないって人もいるんだ。

あっぴもツイッターは、リアルでも知り合いの人だけとやっていた。だから公式アカ以外は、フォローしたことがない。知らない人にプライベートの情報が漏れたりするのが嫌だから、鍵もかけてたしね。

そういう内輪でしか使わない人からしたら、知り合い以外をフォローするのって結構ハードルが高いと思うんだ。知り合いだとしても、ちょっとしか話したことない人だとなかなか勇気出ないもん。

だからこそ「フォローはご自由に」でフォローしていいんだよーってことを伝えておくと、安心してフォローしてもらえる。

飲食店のチラシの側に書いてるのと同じ

外食したときに、レジの近くにチラシを置いてあるお店って多いよね。「ご自由にお持ち帰りください」って書いてあるお店も多いけど、中には何も書かずにチラシだけポンッと置いてあるお店がある。

そういうチラシってさ、気になる内容でも「これ持っていっていいのかなぁ?」って思ったことない?

きっとそこに置いてあるんだから、持っていっていいんだろうけど。ちょっと戸惑う。

どうしても気になる内容なら店員さんに「これもらっていいですか?」って聞く。だけどちょっとだけ気になる程度なら、あっぴは手を出さないなぁ。日本人は遠慮しがちだから、そういう人も多いと思う。

でもご自由にどうぞーってことが書いてあったら、気軽に持ち帰れるよね。

ツイッターでも同じで、この一言がブログのツイッター埋め込み前やツイッターのプロフィールにあるだけで、気軽にフォローできる読者さんって結構いるんじゃないかな。

書いておいて損することなんて、文字数がちょっとだけ増えることだけ。だったら書いておけばいいんじゃない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です