WordPressの投稿画面が変わった!1分で元に戻す方法を画像付き解説

WordPressバージョン5.0からは、投稿画面がClassic EditorからGutenbergに変更されたよ。

そこで、プラグインを使ってGutenbergからClassic Editorへと元に戻す方法をご紹介!

 
こんな人は、この記事を参考にしてみてね。

この記事がおすすめな人
  • 使っているテンプレートやプラグインがGutenbergに対応していない(特にテンプレート)
  • Gutenbergをしばらく使ってみてるけど、どうも慣れない・使いにくい

 
なお、テンプレートごとの対応状況はこちらを参考にどうぞ。
WordPressのGutenberg対応状況をテーマ別に紹介!非推奨テーマあり

Classic Editorの基本的な設定方法

GutenbergからClassic Editorに戻すのは超簡単。
プラグイン「Classic Editor」をインストールして有効化するだけ。

 
まずは管理画面から「プラグイン」→「新規追加」をクリックしよう。

検索窓に「Classic Editor」と入力。

Classic Editorのところにある「今すぐインストール」をクリック。

「有効化」をクリック。

「プラグインを有効化しました」というメッセージが出れば設定完了!

 

設定が反映されているか確認するには?

投稿画面に行くと、GutenbergからClassic Editorに変わっているはず。
確認してみてね。

 

終わりに

あなたもGutenbergからClassic Editorに変更できたかな?

すぐ終わる設定なので、よかったらやってみてねー。

 
また、

「記事のとおりにやったのにGutenbergのまま変わらない(;´Д`)」

みたいに困ったときは、あっぴまでお気軽にお問い合わせしてね。

⇒お問い合わせフォームはこちら!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です