WordPressの使い方

WordPressのGutenberg対応状況をテーマ別に紹介!非推奨テーマあり

2019.05.30

WordPressの新エディタ「Gutenberg」の主要テーマの対応状況をまとめたよ。
目次からあなたが使っているテーマ名をクリックして、対応状況をチェックしてね。

 
なお、ここに書いてないテーマについては公式サイトや販売者さんからのメールなどを確認しよう。

JIN

JINはGutenbergに未対応。
旧エディタ(Classic Editor)を使おう。

 

SANGO

SANGOは、不具合状況を集めながらアップデートをしているとのこと。
また、Gutenbergを使うには専用プラグインが必要。

 
ただし完全に不具合がないってわけではないので、心配な人・もしものときにどうすればいいかわからない人は、Classic Editor(旧エディタ)を使うのが無難。
あと「Gutenbergにしてそれなりに時間が経つけど、どうも使いにくい・・・」みたいな人も、Classic Editorに戻すのも1つの手。
※慣れもあると思うので、しばらくは使ってみるのがおすすめ

 

 

オープンケージ

ストークなどを取り扱っているオープンケージ。

こちらは検証をしているところで、今のところが問題は見つかっていないとのこと。
また、テンプレートごとのアップデート内容にGutenberg関するものがあるので、見つかり次第随時アップデートをしている様子。

 
ただし完全に不具合がないってわけではないので、心配な人・もしものときにどうすればいいかわからない人は、Classic Editor(旧エディタ)を使うのが無難。
あと「Gutenbergにしてそれなりに時間が経つけど、どうも使いにくい・・・」みたいな人も、Classic Editorに戻すのも1つの手。
※慣れもあると思うので、しばらくは使ってみるのがおすすめ

 

AFFINGER5

AFFINGER5は非対応だけど、使っても重大な問題は見つかってないとのこと。
なので使いたい人は自己責任で使う、といった感じだね。

 
ただし完全に不具合がないってわけではないので、心配な人・もしものときにどうすればいいかわからない人は、Classic Editor(旧エディタ)を使うのが無難。
あと「Gutenbergにしてそれなりに時間が経つけど、どうも使いにくい・・・」みたいな人も、Classic Editorに戻すのも1つの手。
※慣れもあると思うので、しばらくは使ってみるのがおすすめ

 

 

STINGER8

STINGER8は公式発表なし。

少なくとも、対応はしてないと考えておくのが無難だと思う。
作成者さんが同じで有料のAFFINGER5ですら対応してないしね。

Classic Editor(旧エディタ)に戻すのがベター。

 

Digipress

Digipressのテーマはすべて対応済みとのこと。

Digipressから発表されたのが2018年12月8日、WordPress5.0がリリースされたのが同じ月の6日だったので、かなり早い対応だね。
しかも他のテーマは随時対応が多い中、「対応済み」とはっきり言っているのはDigipressだけだった。

 
専用プラグインや設定もないので、Gutenbergを使いたい場合はWordPressのバージョンを5.0以上に更新するだけでOK。

 
また、Gutenbergをしばらく使ってみた結果「どうも使いにくい・・・」と感じた場合は、プラグインで旧エディタ(Classic Editor)に戻すことも可能。
※慣れもあると思うので、しばらくは使ってみるのがおすすめ

その場合はこちらを参考にどうぞ。

 

TCD

TCDのテーマは現状、旧エディタのClassic Editor推奨。
また、検証と修正が終わったらテーマごとのバージョンアップでお知らせしてくれるとのこと。

あっぴもTCDのテーマは使ってるけど、今のところバージョンアップやお知らせは来てないです。

 
TCDからお知らせが来てない場合は、旧エディタ(Classic Editor)を使おう。

 

 

Cocoon

Cocoonも現在対応作業中。
Gutenbergで使えるデザインをガッツリと紹介していて、対応に力に入れている感じ。

また、以前はGutenbergを使うには専用プラグインが必要だったけど、現在は専用プラグインなしで大丈夫とのこと。

 
ただし完全に不具合がないってわけではないので、心配な人・もしものときにどうすればいいかわからない人は、Classic Editor(旧エディタ)を使うのが無難。
あと「Gutenbergにしてそれなりに時間が経つけど、どうも使いにくい・・・」みたいな人も、Classic Editorに戻すのも1つの手。
※慣れもあると思うので、しばらくは使ってみるのがおすすめ

 

Simplicity

Cocoonと作成者さんが同じ、Simplicity。

こちらはCocoonほど詳しい対応状況が発表されてなかった。
なのでClassic Editorを使っておくのが無難。

あと「Gutenbergにしてそれなりに時間が経つけど、どうも使いにくい・・・」みたいな人も、Classic Editorに戻すのも1つの手。
※慣れもあると思うので、しばらくは使ってみるのがおすすめ

 

終わりに

以上、テーマ別のGutenbergのテーマ別対応状況でした!

テーマによって対応状況が真逆なこともあるので、あなたが使っているテーマにあった使い方をしよう。

 

楽しい毎日を過ごしたいあなたへ





「ゲームに音楽、YouTube、アニメ。1日中遊びまくりたい!
毎日お昼までダラダラと寝ていたい!
美味しいご飯を自分で作って、のんびりと味わって食べたい!


でも会社で働きながらだと、時間が足りなくてできない・・・。

てかそもそも、働きたくないのが本音。
大学生の頃に戻りたいなぁ・・・。」

 
そんなあなたが楽しく生活できるように、趣味を活かしたブログを作って自動収入を稼いで。
そしてあなたがやりたいこと・好きなことに思う存分時間を使えるようになるための、特別プレゼントを用意したよ。

 
お値段は完全無料!

興味があったらご自由に受け取ってね。

 
※ただし最初から楽をして稼ぎたいという方はご遠慮ください。

 

 

商材・ツールの優先度ランキング

 
①趣味ブログで稼ぐための教科書


「これからブログを始めるけど、具体的には何をすればいいの?」とか「既にブログをやってるけど、どうすれば稼げるのかわからない・・・」とお悩みなら、まずは教材(ブログで稼ぐための教科書)を1冊手に入れて実践しよう。

 
あなたが趣味ブログを作って資産にしていきたいなら、『趣味ぶろ!パッケージ』がおすすめ。

あっぴが実際にブログ初心者のときからやってきたことも詰め込まれてるよ。

特典のサポートについて


購入者さんへの特典として、あっぴによる1ヶ月間サポートをつけてます。

特典を受け取るには、インフォカートの決済前に「あっぴ限定特典」の表記があることを必ずご確認ください。
この表記がない場合、特典を受け取ることはできません。

また、公式販売サイトから関係のないサイトに飛んだり、タブで複数のサイトを開いたりすると、特典の表記が消えることがございます。
そのような場合、決済前にもう一度このブログから公式販売サイトに行き、「あっぴ限定特典」の表記を再確認してから決済してください。





②WordPressのテンプレート(テーマ)



テンプレートとは、WordPressのデザインなどを変えるためのもの。

あなた好みのテンプレートにすれば、テンションがグッと上がってモチベーションアップに繋がる!なので余裕があったら、有料テンプレートもチェックしてみてね。

参考初心者必見!ブログで稼ぐためのテンプレートの選び方まとめ

 
中でも初心者さんでも使いやすい。しかも読者さんに親切なブログを作りやすいのが、「ストーク」。あっぴも趣味ブログで使ってるんだけど、かなりお気に入り。

もちろんデザインの好みはあるので、あなたも気に入ったら使ってみてね。

参考ストークの効果でアフィリエイトの成約率が2倍に!?2018.5の報酬公開


この記事を書いた人

あっぴ

半自動的に月15万円以上を稼ぎながら、自宅でまったりライフを送っている人。

完全初心者から趣味ブログを始めました。

ゲーム、音楽、グルメ、YouTube、アニメが好き。
20代後半、こう見えて女です。

-WordPressの使い方

Copyright© あっぴの趣味ブログ初心者講座 , 2019 All Rights Reserved.