【無料配布中】実録!あっぴが趣味ブログで月1万円稼ぐまでの道のり

Twitterのアイコンをテキトーに決めると損!アイコン選びに成功した事例と決め方

どうも、あっぴです!

今回は、Twitterのアイコンの重要性に関する、ちょっとしたお話です。

あなたがアイコンを「何となくこれでいいかな?」みたいな感じで決めていたら、よかったら参考にしていただければ。

あっぴがアイコン選びに成功した事例

これは大学時代の話なんだけど、バンド友達とリアルで会ったときに

Aちゃん
「Twitterを見てると、アイコンがその人の顔みたいに思えてくる。笑」

Bちゃん
「わかる~!みんなの顔は知ってても、脳内変換されるよね~!」

と言ってた。

 

これはあっぴも心当たりがあって

・Aちゃん⇒ポン・デ・ライオン
・Bちゃん⇒ノンタン(絵本の猫)

に脳内変換されてたんだ。

 

また、別の友達C君に

「水野(あっぴ)ってミジュマルのイメージだよね~」

と言われたこともある。

※当時のあっぴは、プライベートでミジュマルのアイコンを使ってました

 

その後C君をふくめ色々な人にまるでミジュマルのように扱われて(いじられて)、更に仲良くなれたり、友達の輪も広がったんだ。

また、交流校の初めて会う人には「あっ!知ってる!ミジュマルの人だ!」と言われることも。
(そしてそこでもまた、いじられる。笑)

 

つまりさ、Twitterのアイコンは

・あなたのイメージを決めるもの
・あなたの顔

なんだよね。

 

あっぴの大学時代のように、リアルで何度も会っている関係でもそう。
そして、会ったことのない関係なら、なおさら。

 

だからアイコン選びに成功すると、大学時代のあっぴのように友達の輪が広がりやすい。

つまりブログのアクセス集めに使いたいなら、読者さんの輪が広がりやすいってこと。

アイコンによっては悪いイメージになることも…

反対にアイコンによって、悪いイメージになることもある。

 

成功すれば

・親しみやすく相談しやすい人
・信頼できそうな人
・カッコイイ憧れの先輩みたいな人

のような印象になることもあれば、実は

・近寄りがたい人
・胡散臭い人
・怒りっぽそうな人

になってしまうこともあるんだ。

 

実際あっぴもTwitterをやっていると、

「発言内容は面白いから話しかけてみたいけど、アイコンがなんだか怒りっぽそう。
う~ん…やめようかな」

みたいなことが、過去に何度もありました。

 

それをわかった上でやってるとか、あっぴがその人の仲良くなりたい人と違うならいいんだけど。
そうじゃないなら、もったいないよね。

 

また、あっぴ自身も実は失敗しています。

このブログで使っているアイコン、初期はこんな感じでした↓

 

 

洋服はあっぴの私服をモチーフにしたものなんだけどさ。

なんか、かたいよね。笑

 

これが金融をテーマにしたブログとかならいいんだけど

「趣味ブログやってます、趣味ブログ楽しい!」

っていうのとは、かけ離れてるよな、と。

 

一方、最近になってアイコンを変えたけど、こっちの方がこのブログに合ってると思うんだよね。

 

おかげ様でTwitterでも、「ブログを楽しみたい!」「趣味ブログをやりたい!(やっている!)」という人と、以前より繋がれるようになりました。

 

なのでTwitterでブログの読者さんを集めたいのなら、アイコンはちゃんと力を入れることをおすすめします。

何となくで決めただけでも、大学時代のあっぴのように当たることはある。
けど今思えば、あれはラッキーだっただけなんで。

じゃあどうやってアイコンを決めるの?

決め方としては、あなたが仲良くなりたい人にどう思われたいのか?を、考えて決めるのがおすすめ。

 

例えば

✓絵柄
✓色
✓表情

とかによっても、イメージってだいぶ変わるから。

 

また、自分の中だけで考えてると、実際に周りの人に与えてるイメージは違うことも多い。

なので客観的な意見も聞きながら考えるとよき。

 

あと相手に与える印象が大事とはいえ

✓「この絵柄が気に入ってるから使いたい!」
✓「この色が好きだから使いたい!」

みたいなものがあるなら、それを取り入れるのは全然あり。

お気に入りのものを使うと、自然とワクワクしてくるしね!

注意点:著作権には気を付けよう

あっぴの体験談の注意点として、既存のイラスト・キャラクターを勝手に使うのは(鍵アカだったとはいえ)著作権的にグレー。

なのでそこは、今回のあっぴの事例を真似してほしくはないです。

 

ただ、アイコンの重要性だけは参考にしていただければ。

 

終わり!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。