この教科書を学びやすいよう、講座を始めました

キーボードでコピペをする方法!覚え方&忘れる時の対処法付きで解説

どうも、あっぴ(@mypacist)です!

 

コピペといえば、下の手順でできるよね。

コピー

  1. 右クリック
  2. コピーをクリック

ぺースト

  1. 右クリック
  2. 貼り付けを選択

 

けれどよく使う操作だから、ショートカットキー(キーボードだけを使った操作)で一瞬のうちにできるようになると便利。

 

ってことでこのページでは、

  • ショートカットキーを使ったコピペのやり方
  • どのキーボードを押すか覚える方法
  • それでも覚えられないときの対処法

をお伝えするよー。

※お使いのキーボードによって、キーの配置が少し違うこともあります

ショートカットキーを使ったコピペのやり方

今回は例として、こんな文章を用意したよ。「コピペのショートカットキーに挑戦中!」って文章を、下の方にも貼り付けたい。

まぁまずはいつも通りに、コピーしたいところを選択しましょ。

ここで今までならマウスの右クリック→コピーを選択ってするところなんだけど・・・

今回はショートカットキーの登場。Windowsパソコンなら、キーボードの「CTRL(コントロール)」と「C」を同時に押そう。Macなら「Command(コマンド)」と「C」ね。

これでコピーは完了。

次に、コピーした文章を入れたいところにカーソルを移動させて

今度は貼り付けのショートカットキー。Windowsパソコンなら「CTRL(コントロール)」と「V」を同時に押そう。Macなら「Command(コマンド)」と「V」。

これで画面の方を見ると、ちゃんと貼り付けられてるよ。

ショートカットキーの覚え方

あっぴは「暗記」って作業が、とにかく嫌い!

学生時代も、暗記系の科目はまじで勉強してなかったしw勉強しても全然覚えられなくてテストの点数ひどかったから、先生に呼び出されたww

そんなあっぴでもコピペのショートカットキーを覚えられた方法を、あなたにご紹介するよ。

WindowsはCTRL(コントロール)。MacはCommand(コマンド)

まずは、コピーと貼り付けに共通してる「CTRL(コントロール)」を覚えよう。Macなら「Command(コマンド)」ね。

全部一気に覚えるのは大変。だけど1個だけなら、まだ覚えやすいでしょ?

場所も1番左下だし。何となくでも覚えやすい配置だよね。

C

次に、もう1個一緒に押す相方は何か・・・コピーの相方は、頭文字の「C」。そう覚えちゃおう。

V

そして、貼り付け。こっちの相方の「V」は、よく見ると「C」の右隣りだよね。

だから貼り付けは、コピーの「C」の右隣りって覚えておこう。

たいてい貼り付けは、コピーと一緒に使うからね。たぶん、使いやすいように隣りになってるんじゃないかな。

あとは何回も実際に使ってみて、体にも覚えこませよう。体が覚えてくれたら、まじで早くなるから。

 

それでも覚えられないときは?

「上の方法でも覚えられない」とか「覚えるのが面倒くさい」という場合は、下のような道具に頼る手もあるよ。

 

ちなみにおすすめは、キーボードタッチセンサーです。

キーボードタッチセンサー

キーボードタッチセンサーは、キーボードに貼るために作られたシール。

凹凸があるので、手元を見なくても、指先の感覚だけで配置がわかるようになっている。

 

これを「Ctrl」や「C」、「V」に貼れば、覚えなくてもコピペのショートカットキーを使いこなせるようになるよ。

すべてに貼るのでなく、覚えられないキーにだけ貼ってもOK。

 

シールはたくさん入っているので、他のショートカットキーにも使えるよ。

フットペダルスイッチ

フットペダルスイッチは、事前に登録しておいた操作を、足で操作できるグッズ。

 

  • 「Ctrl」と「C」
  • 「Ctrl」と「V」

といった組み合わせを登録しておけば、あとはペダルを踏むだけでOK。

 

あっぴも以前、ルートアールの旧型・RI-FP3BKを使ったことがあるよ。
設定方法もシンプルでわかりやすかった。

 

今から買うなら最新バージョンのルートアール RI-FP3MGが、耐久力があっておすすめ。

 

ただしWindowsにしか対応していないので、MacならOLYMPUS RS27H

※1連ペダルもあるけど、1連ごとに1組のショートカットキーしか登録できないので、3連ペダルの方がおすすめ。また、ペダル数が余るので、他のショートカットキーも登録できるよ。

 

キーボードタッチセンサーをおすすめする理由

先ほどもお伝えしたとおり、おすすめとしてはキーボードタッチセンサー

 

というのもキーボードタッチセンサーなら、スペースをとらないからね。

コピペのショートカットキーだけなら、フットペダルスイッチでもそこまで場所を取らないんだけど・・・
コピペはショートカットキーの中でも覚えやすい方。
ここで覚えられないということは、おそらく他のショートカットキーでも苦戦すると思うんだよね。

そういった場合、他のショートカットキーもフットペダルスイッチ頼みにするなら、デスク周りがゴチャゴチャしてしまうから。

 

あと単純に、キーボードタッチセンサーの方が安いです。笑

終わりに

ということで、キーボード(ショートカットキー)でコピペをする方法でした!

 

コピペはショートカットキーの中でも、特に使う回数が多い。

なのであなたもぜひ覚えて、使いこなせるようになってね。

 

ではでは、あなたのブログづくりの参考になれば幸いです!

以上、あっぴ(@mypacist)でしたー!

 

今回紹介したおすすめ商品

覚えられないときのイチオシアイテム

 

あっぴが使っていたフットペダルスイッチ

 

あっぴが使っていたフットペダルスイッチの最新版

 

Macでフットペダルスイッチを使いたいなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。