【無料配布中】実録!あっぴが趣味ブログで月1万円稼ぐまでの道のり

効果的な文字装飾の選び方3step!種類(太字・文字色・マーカーetc.)や色はどう選ぶ?

どうも、あっぴ(@mypacist)です!

 

「文字装飾をしよう!」と思ったときに迷うのが

  • マーカー・文字色の変更・太字みたいに色々な文字装飾があるけど、どの種類を使えばいいのか?
  • マーカーや文字色の変更の場合、何色にすればいいのか?

といったこと。

 

あっぴもブログ初心者のときに迷ったのだけど、今思うと「いや、アレはないわ(バッサリ)」って感覚。

少し経ってから改善はしたけど、今思うとそれは悪くはなかった。
けど「もっとしっかり考えてればよかったな・・・」とは思う。

 

そこで今回は、あっぴが最近やっている文字装飾の選び方を、以下3ステップに分けてご紹介するよ。

 

http://appiblog.net/wp-content/uploads/2021/01/appi-ver4-hohoemi2.jpgあっぴ

細かいことは色々あるけど、ブログ初心者さんなら

  • 大事なポイントであること
  • どう使い分けているか

という2点が伝わるなら合格だと思うよ!

Step1.文字装飾選びの方針と色を決めよう

選び方の方針としては、おすすめは以下の2パターン。

パターン①強調度で使い分ける

まずは

  1. 特に強調させるための装飾
  2. そこそこ強調させるための装飾

のように、「強調度で使い分ける」というパターン。

http://appiblog.net/wp-content/uploads/2021/01/appi-ver4-kiran.jpgあっぴ

このブログでも、このパターンを使っているよ。

どんな内容の記事でも使いやすいので、迷ったらこれがおすすめ

 

このパターンでは、12にメリハリをつけて、どちらがより強調度が強いのかわかりやすくするのが大事。

特に1は、目立つ種類・色の装飾にするといいよ。(流し見をする読者さんの目にも付くように)

 

http://appiblog.net/wp-content/uploads/2021/01/rakko-nomal.jpgラッコさん

黄色マーカー赤マーカーみたいに「同じ種類の装飾で色を変えるだけ」ってよく見るけど、どうなのかな?

http://appiblog.net/wp-content/uploads/2021/01/appi-ver4-kiran.jpgあっぴ

個人的には、どっちが重要なのかわかりにくく思うな。
赤マーカー青マーカーだったら、ノートを取るときによく使う色分けだからわかりやすい
ただ青マーカーは頻度が多いと、リンクが目立たなくなる点には注意

パターン②色のイメージで使い分ける

次に、

  1. メリットで強調させたいときは緑の太字
  2. デメリットで強調させたいときは赤の太字
  3. その他の内容で強調させたいときは黒の太字

のように、「伝えたいことの意味と色のイメージで使い分ける」というパターン。

 

これは特に、商品の紹介記事(比較やレビュー)が多いブログにおすすめ

流し見をする読者さんでも、商品の特徴を把握しやすくなるよ。
また、じっくり読む読者さんにも、文章だけでは伝わりにくいイメージを伝えることができる。

 

http://appiblog.net/wp-content/uploads/2021/01/rakko-nomal.jpgラッコさん

を使うことには、何か理由があるの?

http://appiblog.net/wp-content/uploads/2021/01/appi-ver4-kiran.jpgあっぴ

青はポジティブ赤はネガティブ」というイメージを持っている人が多いからだよ。

プレゼン資料でも「青はメリット赤はデメリット」というのがよくある

http://appiblog.net/wp-content/uploads/2021/01/rakko-nomal.jpgラッコさん

・・・?じゃあなんでじゃなくて、を使うの?

http://appiblog.net/wp-content/uploads/2021/01/appi-ver4-kiran.jpgあっぴ

だとリンクの色と被って、お互いの主張が弱くなってしまうんだ。

特にアフィリエイトで稼ぎたいなら、アフィリエイトリンクを押されることが大事だしね。

 

たまに使う程度ならいいけど、頻繁に使うなら青緑で代用して、メリハリをつけるのがおすすめだよ。

 

※ただしこのブログみたいにを多用していると、目立ちにくいけどね

 

文字装飾選びの方針や色がだいたい決まったら、次のステップに行くよ。

http://appiblog.net/wp-content/uploads/2021/01/appi-ver4-kiran.jpgあっぴ

先ほども言ったように、迷ったら強調度に合わせて使い合わせれば大丈夫だよ

Step2.どの種類の文字装飾を使うか選ぼう

そこでおすすめの文字装飾の

  • 特徴
  • 注意点

を紹介するので、あなたが気になるものをピックアップするのに役立ててね。

太字

Sample

通常

太字

 

\WordPressテーマごとの対応状況/

CocoonJINSANGOTHE SONICSTORK19

 

太字は、そこそこ多くのブログ運営者が使っている文字装飾。

Gutenbergの標準機能なので、どんなWordPressテーマでも使えるよ。

 

見た目は、太くなるだけのシンプルなもの。

色は通常のままなので「あまりカラフルにしてゴチャゴチャさせたくはない!」という場合におすすめだよ。

 

また、他のカラフルな文字装飾をより目立たせたいときに、太字と組み合わせて使うと、かなり目立つ

例.太字にして、さらにマーカーにもする

 

使い勝手がいいので、ぜひ使えるようになっておきたい文字装飾。

 

なお、注意点は長くなるので、別ページにまとめたよ。

太字を使う場合は、チェックしておいてね。

 

太字を使いたい場合はこちら

ワードプレス(Gurtenberg)で太字にする方法!注意点&時短テク付き

マーカー(蛍光ペン)

Sample

通常

マーカー

 

\WordPressテーマごとの対応状況/

CocoonJINSANGOTHE SONICSTORK19

 

マーカーは、多くのブログ運営者が使っている文字装飾。

カラフルで目立つ上に、可愛らしいのが魅力。

そのまま使っても結構目立つけど、太字と組み合わせると更に目立つよ。

 

http://appiblog.net/wp-content/uploads/2021/01/rakko-nomal.jpgラッコさん

ブログの文字装飾といえば、マーカーというイメージがあるね

 

注意点として、色は薄め。
なので色の持つイメージで使い分けたいときは、効果が薄れる場合がある

例えば青マーカーは、青というより水色だからね。

文字色

Sample

通常

文字色

 

\WordPressテーマごとの対応状況/

CocoonJINSANGOTHE SONICSTORK19

 

文字色は近頃マーカーに押されているけど、数年前はよく見かけた文字装飾。

Gutenbergの標準機能なので、どんなWordPressテーマでも使えるよ。

 

注意点として、文字色を変えるだけだと、リンクと間違えられやすい

特にネットの世界では

  • 青はリンクの定番
  • 紫もクリック後のリンクの定番

なので、この2色では特に使わない方がいい。

また、青を使いたくないサイトでは、他の色で代用されていることがある。
なので青・紫以外の色でも、なるべく避けるのが無難。

http://appiblog.net/wp-content/uploads/2021/01/rakko-nomal.jpgラッコさん

言われてみれば私も普段サイトを見てて、「リンクだと思って押したけど違った」ってことがあったなぁ

 

一方、もし文字色を変えたいなら、太字と組み合わせて使うのがおすすめ。
リンクっぽさが減るよ。

 

また、色を自由に選べる分、初心者さんは目がチカチカする色を選びがち。
特別な意図がない限りは、目がチカチカしないようにも気を付けようね。(特に頻繁に使う場合)

赤太字

Sample

通常

赤太字

 

\WordPressテーマごとの対応状況/

CocoonJINSANGOTHE SONICSTORK19

※〇は、WordPressテーマ独自の装飾として用意されているもの。△でも、太字と赤字を組み合わせることで実現可能。

 

赤太字は、文字色を赤にしつつ、太字にしたもの。

文字色や太字だけではあまり目立たなかったり、リンクと間違えられやすい。
けれど赤太字なら、かなり目立つ上に、リンクと間違えられにくいよ。

 

赤太字は、Gutenberg標準機能の太字と文字色を2つとも使うとできるよ。

また、CocoonやTHE SONICなら用意されている赤太字を使えば、少ない動作で装飾できる。

http://appiblog.net/wp-content/uploads/2021/01/rakko-nomal.jpgラッコさん

ふむふむ。「CocoonかTHE SONICなら使い勝手がいい装飾」ってことね

文字サイズの変更

Sample

文字サイズ小

通常(文字サイズ標準)

文字サイズ中

文字サイズ大

 

\WordPressテーマごとの対応状況/

CocoonJINSANGOTHE SONICSTORK19

※〇は、文字単位でできるもの。△は、ブロック単位でのみできるもの

 

文字サイズの変更は、声のボリュームを変えているような印象になる文字装飾。

使うと、抑揚のある記事になりやすいよ。

 

特に

  • 声を大にして伝えたいとき
  • 感情が高まったとき

に使うのがおすすめ。

プロフィールページなど、物語性のある文章と相性がいい。

 

ただしGutenberg標準機能ではブロックごとでしか使えないので、使いどころが結構むずかしい・・・。

CocoonやTHE SONICなら文字単位でできるので、使いやすいよ。

 

http://appiblog.net/wp-content/uploads/2021/01/rakko-nomal.jpgラッコさん

思っていた以上に種類があってよくわからないんだけど・・・

結局どれがおすすめ?

http://appiblog.net/wp-content/uploads/2021/01/appi-ver4-kiran.jpgあっぴ

強調度で使い分けるなら

  • 特に強調・・・マーカー×太字もしくは文字色×太字
  • そこそこ強調・・・太字

 

一方、色の持つイメージで使い分けるなら

  • 文字色×太字(ただし黄色を使いたいときはマーカー×太字)

ってところかな

Step3.実際に使ってみよう

どんな文字装飾を使うか、だいたい絞れたかな?

 

最後に、実際に数記事文字装飾を使ってみようか。

というのも他のパーツとの組み合わせや装飾する量によっても、印象が変わるからね。

 

終わりに

ということで、各文字装飾の特徴とおすすめの選び方でした!

 

まぁ絶対的な正解があるわけではないから、結局のところは好みの問題が大きいけどね。

http://appiblog.net/wp-content/uploads/2021/01/rakko-nomal.jpgラッコさん

そう言われると迷っちゃうなぁ・・・

http://appiblog.net/wp-content/uploads/2021/01/appi-ver4-hohoemi2.jpgあっぴ

「なんか違うな」と思ったら後から変更できるから、ひとまず気になった文字装飾を試せばいいと思うよ

http://appiblog.net/wp-content/uploads/2021/01/rakko-nomal.jpgラッコさん

そっか!じゃあさっそくやってみる!

 

いずれにせよ、ブログ全体を通して、ルールを決めてそれを守るのが大切。

なぜなら読者さんが文字装飾の意図を、理解しやすくなるからね。
また、機械的に装飾できるので、あなたの作業スピードも上がるしね。

 

ということで、もしあなたが今まで文字装飾をてきとーに決めていたら、この機会に「どの種類・どの色の文字装飾を使うか」考えてみてね。

 

ではでは、参考になれば幸いです!

以上、あっぴ(@mypacist)でしたー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。