【無料配布中】実録!あっぴが趣味ブログで月1万円稼ぐまでの道のり

【ブログアイコンの表情】稼ぐために効果的な表情を初心者向け解説

「アイコンをこれから作るところだけど、ブログで稼ぐためにおすすめな表情ってあるのかな?」

と思っているあなたへ。

 

どうも、あっぴです!

今回は稼ぐために効果的なアイコンの表情についてご紹介するよ。

 

先に要点をざっくりとお伝えすると、ポイントはこの3つ↓

【メインで使う表情編】

①親しみやすいように、あなたらしい笑顔にしよう

【ブログの吹き出しに使う表情編(表情差分)】

②あなたがよく使う表情を洗い出そう
③口は開けよう

メインで使う表情編

①親しみやすいように、あなたらしい笑顔にしよう

「アイコンはあなたの顔そのもの」という話は、以前したよね。

⇒「まだ読んでいない」とか「忘れちゃった」という場合はこちら

 

リアルだと人と接するとき、無表情な人はなんだか近寄りにくい。
反対に笑顔の人は、親しみやすいよね。

これはブログのアイコンでも同じ。
笑顔のアイコンの方が、親しみやすくなるよ。

なのでメインで使う表情は、笑っている表情を用意するのがおすすめ。

 

注意点として、あなたにとっての自然な笑顔にすること。

例えば普段以上に明るい笑顔にすると、見ている人はあなたをリアルよりも明るい人物だと思ってくれる。
これは一見、いいことに感じるかもしれないね。

けれど長期的にみると、その分、ハードルが上がってしまうということ。
時間が経てば本当のあなたがわかるのだから、そのときにガッカリさせてしまう。

なのであくまで「自然な」表情にすればOK。

ブログの吹き出しに使う表情編(表情差分)

ブログで稼ぐには、文章力を上げるのが大切。

けれど実は、文章力を上げるのがすべてではないんです。

その一例が、

①表情差分(表情パターン)をいくつか用意する
②ブログの記事内で、吹き出しとして使う

といったやり方。

上記①②をやることで、あなたの感情がアイコンからも読者さんに伝わるよ。

http://appiblog.net/wp-content/uploads/2021/01/appi-ver4-kiran.jpg

吹き出しはこういうのね

 

実際あっぴも表情差分(表情パターン)を用意してから、感情表現で悩みにくくなったよ。

 

では、どんな表情差分を用意すればいいのか?

②あなたがよく使う表情を洗いだそう

多くのブログ初心者さんは、メインで使う表情にプラスして「喜怒哀楽」の4つを作っている。

けれどおすすめは、メインで使う表情にプラスして「あなたが日常的によく使う顔文字(絵文字)や、実際にする表情からパターンを洗い出す」ということ。

 

例えば「怒」を作ったところで、もしあなたが「怒」をあまり表に出さない人なら、めったに使わないからね。

それより「驚き」をよく使うなら「驚き」を作った方がいいし。
「疑問」の表情をよくするなら「疑問」を作った方がいいってこと。

 

実際あっぴも最初は「怒」を用意しようと思ってたんだけど、使わないから用意してないです。

 

もちろん「使わないかもしれないけど念のため作っておく」というのも、いいんだけどね。

ただ、よく使う表情を優先して作って、余力があれば他の表情もつくるといった優先順位がベスト。

③口は開けよう

また、多くのブログ初心者さんは口を閉じた表情を用意している。

けれどおすすめは、口を原則開けること。

 

なぜなら吹き出しに使う場合、何かを話している様子を表すことになるから。

http://appiblog.net/wp-content/uploads/2021/01/appi-ver4-oowarai.jpgあっぴ

こんな感じで、だいたい話しているところだよね

 

だったら口を開けた方が自然だと思わない?

 

実際あっぴも以前は口を閉じたアイコンを使っていた。
そして今は口を開けたアイコンを使っている。

その結果、今の方が「本当に喋ってるみたい!」と言われるようになったよ。

 

※もちろん、考えているだけの表情(話していない表情)を作りたいなら、口は閉じた方が自然です

終わりに

ということで、「稼ぐために効果的なアイコンの表情」でした!

 

最後にもう一度復習しておくと、ポイントはこんな感じ↓

【メインで使う表情編】
①親しみやすいように、あなたらしい笑顔にしよう

【ブログの吹き出しに使う表情編(表情差分)】
②あなたがよく使う表情を洗い出そう
③口は開けよう

 

また、表情は後から追加できるイラストレーターさんも多い。

例えば

・基本料金5,000円
・表情差分1つあたり+1,000円

という場合、後から頼んだときに1,000円~描いてくれる場合が多いってことね。

※実際にやってくれるかは、イラストレーターさんに聞いてみてください

なので今はひとまず「これはきっと使う!」というのを作っておく
そして後で「〇〇の表情もほしいなぁ」と感じたら、そのときに増やすという手もあるよ。

もし長時間、悩むようであれば、止まってる時間がもったいないしね。

http://appiblog.net/wp-content/uploads/2021/01/appi-ver4-kiran.jpg

実際あっぴもやっている手だったりするよ

 

ということで、よかったら参考にしてみてねー。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。