ブログターゲットにウケる、ツイッター用ヘッダーの作り方3つの注意

ツイッターであなたが好きなこと(ブログテーマ)をアピールするときに役立つのが、ヘッダー。

今回は、ヘッダーの意味とは何か。そしてヘッダー用画像の作り方で気をつける、デザインやサイズなどについてをまとめたよ。

そもそもTwitterのヘッダーとは?真っ青から画像に変更する意味は?

ヘッダーはTwitterのプロフィールを見たとき、アイコンの後ろにある画像。何も設定変更してないと、真っ青になってる。

 
設定するとこんな感じで、画像がドーンと大きく表示されるよ。

 
Twitterで知らない人をフォローするときって、「この人はどんな人なのかな?」ってプロフィールを見るもの。だからヘッダーがあると、あなたがどんな人なのかがパッと見でわかってもらえるんだ。

 
ヘッダーは何も設定してない人もいるけど、せっかくのアピールポイントなので設定しておこう。

 

ヘッダー用画像の作成(準備)で気をつける3つのポイント

ヘッダーを設定する前に、ヘッダー用画像を作成しよう。

 
ヘッダー用画像を用意するときに気をつけるポイントは、この3つ。

  • 商用利用OKで著作権を侵害しない画像を使う
  • デザインはブログのテーマに関係するもの
  • サイズは1500×500px以上(PCで設定する場合)

 

商用利用OKで著作権を侵害しない画像を使う

著作権や商用利用については、ブログに使う画像選びと同じ。あなたが撮影した写真や、著作権フリーで商用利用OKな画像を使おう。

⇒著作権フリー・商用利用可・無料の写真素材サイトまとめはこちら

 
元々おしゃれな写真や画像なら、無加工でもかっこいいヘッダーになるよ。あっぴはPixabay(ピクサベイ)にあった写真を、そのまま使った。

⇒おしゃれな画像が多い、Pixabayの使い方はこちら

 

デザインはブログのテーマに関係するもの

プライベート用のツイッターアカウントだと、思い出の写真とかをヘッダーにしてる人が多い。

だけどブログ用のアカウントなら、ブログのテーマに関係した画像を使おう。そしたらあなたのブログテーマに興味のある人が「この人、同じような趣味してる!」って共感してくれるから。

 
今回の例では海の写真をヘッダー画像にしたけど、あくまで例なので気にしないでね。

 

サイズはPCで設定するなら1500×500px以上でOK

ツイッターのヘッダーサイズは、横1500px・縦500px。なので1500×500pxぴったり、もしくは1500×500pxよりも大きいサイズの画像を用意するよ。

 
ちなみになんで1500×500pxより小さいサイズじゃダメなのかっていうと、小さいサイズの画像はツイッター上で自動的に拡大されちゃうから。画質が悪くて、ダサくなる。

 
ぴったりじゃなくても大きいサイズでいいのは、後からツイッター上で調整できるから。

画像のサイズ調整はWindowsのペイントなんかでもできるけど、ツイッター上で調整した方が楽だったよ。(ただしツイッター上で調整できるのは、PCを使ってる場合のみ。スマホからだとツイッター上で調整できないよ)

 

まとめ

ということで、ツイッターヘッダー用画像の準備で気をつけることをもう一度まとめておくと

  • 商用利用OKで著作権を侵害しない画像を使う
  • デザインはブログのテーマに関係するもの
  • サイズは1500×500px以上(PCで設定する場合)

この3つの条件を満たす画像を用意しよう。

この記事を読んでも「こんな画像は大丈夫?」などわからないことがあったら、あっぴにメールしてね。
⇒あっぴにメールはこちら。

 
用意できたら、ツイッターでヘッダーを設定するよ。

設定方法はこちら↓
変更できないを避けられる、Twitterのヘッダーの変え方(画像つき)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です