完璧な記事を目指し過ぎてない?未完成の記事でも投稿していいんだよ

ブログで稼ぐのは楽じゃないって言うし、ライバルサイトを見てても記事のクオリティが高い。だから今あなたが書ける、完璧な記事を目指したくなるよね。

だけど完璧な記事じゃない、未完成の記事でも大丈夫。「まだ書き終わってないから、今日は記事を投稿できないよ・・・」ってときは、未完成でも投稿していいんだよ。

むしろ未完成でも、投稿した方がいい。

完璧を求めるとハマる、記事を投稿できなくなる悪循環

あっぴも自分に書ける完璧な記事を求めて、何回かハマったことがあるのがこの悪循環。

記事を書き終わるまで時間がかかる

完璧な記事を書こうとすると、どうしても時間がかかる。あれも直したいこれも直したいって、修正点がたくさん出てくるんだよね。

そんで記事が書き終わって投稿するのが、翌日になることもある。

 

公開できないから達成感がない

「記事の投稿が終わったぁ!」って大きな達成感があるのは、ワードプレスの管理画面で公開ボタンを押した瞬間。

公開しなくても「今日も頑張った」って少しの達成感はある。だけど公開ボタンを押した瞬間の達成感には勝てないよね。

そんな大きな達成感は、記事の公開が翌日に引き伸ばされていくと、感じられる回数が減る。

 

モチベーションが下がる

達成感がないから、だんだんモチベーションも下がってくる。

モチベーションが下がると、メリハリをつけて作業することもできない。何となくダラダラと作業するから、1記事書くのに更に時間がかかるようになる。

 
あとはこの繰り返しで、なかなか作業が進まない泥沼にハマるわけですよ・・・。特にブログ作業に慣れてない初心者のうちは、1回モチベーションが下がると戻せなくなって、ブログ自体を辞めちゃう人が多い印象。

だから完璧な記事じゃなくても、未完成の記事でも投稿しちゃった方がいい。

 

未完成の記事で投稿していい理由

とは言っても、未完成の記事を投稿するのってなかなか勇気のいるもの。「ライバルサイトのクオリティが高いのに、本当にこんな記事でいいの?」とか「こんな記事を誰かに見られるのは恥ずかしい・・・」って思うよね。

でも未完成の記事を投稿したっていいんだよ。

 

ブログは意外と見られてない

記事を投稿すると、日本中(実際は全世界)の人があなたの記事を見れるようになる。だから「未完成のまま投稿するなんて・・・」って何だか恥ずかしいよね。

でも悲しいことに、始めたばかりのブログってほとんど見られてないよw 1ヶ月、3ヶ月、半年、1年と続けていけば少しずつ見てくれる人も増えるけど、最初は日本中で数えられるくらい。

その中で何人があなたのブログを覚えてるのかって考えると、ほぼいないのが現実。だから誰かに見られてるとか、気にしなくて大丈夫だよ。

 

ブログはいつでも修正できる

ブログは本を出版するのと違って、いつでも自分で修正できるもの。修正したらすぐに記事に反映されるし、検索エンジン(Googleなど)も少し経った後に修正を反映してくれるよ。

だから今は未完成の記事でも、また時間が空いたときに修正すれば大丈夫。

 

未完成の記事でも意外と反応ある

あと結構勘違いしがちなんだけど、記事の評価をするのはあなたじゃなくて読者さんなんだよね。だからあなたがクオリティ低いとか未完成って思ってる記事でも、意外と読者さんからの反応はいいことがあるよ。

あっぴも初めて物販アフィリエイトで紹介した商品が売れるようになったときは、未完成の記事だったよw

 
記事を投稿しないままだとアクセスが増えたり、報酬が発生する可能性が0。だけど未完成のままでも投稿すれば、もしかしたら何かしらの反応が取れるかもしれない。だから未完成の記事でも、積極的に投稿していった方がいいよ。

 

まとめ

今回の話をまとめると、未完成でも投稿していった方がいい理由はこんな感じ。

  • モチベーションを維持しやすい
  • ブログは意外と見られてない
  • ブログはいつでも修正できる
  • 未完成の記事でも意外と反応ある

未完成の記事を投稿するのは、最初は勇気がいると思う。だけどブログを続けていくには、神経質になりすぎないで、たまには手を抜く感覚も大切。なので「まだ記事を書き終わってないから、今日は記事を投稿できないよ・・・」ってときは、敢えて未完成のままでも投稿してみてね。

「それでもやっぱり、未完成の記事を投稿する勇気が出ない・・・」って場合は、あっぴまで相談してね。
⇒あっぴにメールはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です